ASC受診(36回目)
年末年始の集中ケアでも皮膚の状態が改善されなかったので、
今後どうするべきかを相談するためにASCへ。
c0039167_16341066.jpg
これまで使ってきた抗生物質の外用薬(アクアチムローション)の切れ味が悪くなってきたので、
「効かないものをダラダラ使っても、更に菌を強くするだけ」ということで使用中止。
代わりに耐性菌に強いという「フシジンレオ軟膏2%」(人間用)を使用することに。
c0039167_16393020.jpg
コレ↑軟膏なんでね… 毛だらけの犬に使うには向いていないんですな。 ベタついちゃって。
まぁでも、そんなことも言ってられない訳でね。
海斗の皮膚に悪さをしている菌を退治できる薬がかなり限られてきている訳で。
使ってみて効くようなら、この薬をベースにして使い易いようにアレンジしたいとのこと。
c0039167_16392184.jpg
これまでいろいろとやってきた訳ですが、そろそろ手詰まりなんですわ。
で、皮膚の組織検査を勧められました。 もちろん、やる/やらないはこちらの判断ですが。
背中の部分と正常な部分の2箇所で採取して、それを比較したりするらしい。
局所麻酔を使って、6mmを採取、縫合。 1週間~2週間後に抜糸という流れ。 費用2万円也。
背中が悪化し易いのは、皮膚のたるみも影響しているかもしれないとのこと。
フレンチブルドッグとか、アメリカンコッカーとか… で、ウエスティもたるみ易い犬種だと。
海斗がおデブでたるんでいるのかと思ったら、犬種的にたるむ犬だった訳ね(汗)
組織検査をすることで、皮膚側に何らかの原因が見つかれば、
その対策をする必要があるし、今後の進むべき道がはっきりするとのこと。
ASCに通い始めて4年。 これから先のことを思うと、検査しておくべきなんだと思う。
けど、いまひとつ踏ん切りが… 一応、やる方向で日程を考えようと思っているけど、
もう少し情報収集して、海斗の様子も見つつ、検討したいと思う。
指間の炎症については、マラセブシャンプーを使うことになった。
診察料+内服薬+外用薬+シャンプー 15,800円也。

[PR]
by rockaito | 2011-01-23 18:02 | わんこ | Comments(0)
<< コブくんファミリーと昭和記念公園へ 写真にやられっ放し… >>