箱根旅行2012(その3)
宿をちょっと早めにチェックアウトして向かったのは大涌谷
飼い主、大涌谷へは子供の頃から何度か訪れていますが、あまり記憶に無く・・・
事前調査の結果、どうやら混んでるらしいと分かったのですが、想像以上でした!
駐車場までの道で、「ここから駐車場まで1時間以上」という看板前で渋滞の列に並び、
ノロノロと進むこと約40分。 1時間以上は掛からなかったけど、やっとこ駐車。

この日は曇り空で気温も低め。 富士山なんて端から諦めていたのですが・・・
c0039167_092942.jpg
なんと富士山が見えちゃってるではありませんか!
c0039167_09650.jpg
へぇ~、こんなお天気でも見えるなんて、箱根と富士山て近いのね~
なんて感心していたんだけど、段々と雲が富士山に掛かり始めて、その後は見えなくなっちゃった。
c0039167_093927.jpg
せっせと玉子茶屋まで歩いて、黒たまごを購入。 すごい人でしょ?
c0039167_091577.jpg
黒たまごは、玉子茶屋の横で茹でてます。
c0039167_094874.jpg
で、専用ロープウェイで下の売店にも運ばれます。
c0039167_092572.jpg
硫黄の匂いとか、犬は特に気にならないようですな。
海斗を見る限り、「うわっ、くっさ~」みたいな感じは無かったし。
c0039167_0959100.jpg
さて、いよいよ黒たまごを食べますよ。
c0039167_093695.jpg
ちなみに、玉子茶屋では5ヶ入りしか売っていません。
c0039167_0101092.jpg
みんなが食べている黒たまごを散々ガン見していた海斗は、
待ち切れず殻ごと食べようとするし・・・
c0039167_094760.jpg
1個で7年寿命が延びるはずなので・・・ 海斗は数ヶ月延びたってとこか?

大涌谷は外国人率がとても高く、ツアーガイドの人に「何枚くらい洋服を持っているのですか?」と
聞かれたり、海斗の写真を撮られたり。 終いには母がフィリピンの若者達と話し始め・・・
英会話なんて出来ないくせに「Countryは?」から始まり、
相手がちょっと日本語も話せたので、まぁなんとか会話が成立していたけどね(汗)
海斗が人間で言うと48歳くらいで「おじさん」だと説明したら、「お~、センパイね~」だって(笑)

我が家が大涌谷を後にする頃には、更に車列が延びていた上に歩いている人多数。
特にツアーの外国人。 バスに乗ったまま待っていても、時間が取られるばかりだもんね・・・
大涌谷がこんなにHotな場所だとは思わなかったよ。

その4へつづく

[PR]
by rockaito | 2012-05-06 17:00 | わんこ | Comments(0)
<< こどもの日はコブオン家と横浜散策 箱根旅行2012(その2) >>