<   2015年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧
今度は足です…

3月18日の水曜日、帰るなり母が「海斗の足がなんだかおかしい」との報告。
海斗自身は、飼い主を出迎えるために玄関に伏せていたけど、そのまま立ち上がらず。
様子を確認するために立ち上がらせてみると、右の後ろ足が脱力状態でぶら~ん。
足を触ろうとしたら唸ったので、その時はチェックを諦めた。
散歩の途中でちょっとおかしいと思ったらしいんだけど、
帰宅後に普通に足は洗うことが出来たし、食欲もいつも通りとのこと。
以前、膝蓋骨脱臼はグレード2と診断されているので、膝かなぁ…と思いつつ。
足ぶらりんでは、母がタクシーで連れて行くのも厳しいと判断し、
飼い主が休暇を取得して翌日に病院へ連れて行くことに。
水曜日の夜は、右の後ろ足を着かず、お座りも前に投げ出した感じ。
だったんだけど… 翌日の朝、「なんだか治ったみたい」と母に起こされました。
確かに、前日と比べて足もぶらんとしていないし、それなりに歩いてはいる。
飼い主、元々金曜日が休日だったのです。 春分の日と土曜日が重なっているので、その分ね。
早まって休暇を取ることなかったか…と思いつつ、もう休んでしまったので~ 結果、4連休。
とりあえず、診ておいてもらいましょうと病院へ。
海斗担当の先生が休みの日なので、お初の先生の診察。 歩く様子を見て、触診して。
なんだか無口な先生だったんだけど… 取り立てて異常は感じなかったようで。
海斗も触診中、全然気にしてなかったし。
まぁ、診察台の上でそれどころじゃないっていうのも無きにしも非ず…
「靭帯や骨に異常は無いと思います。」と言った後、「薬はどうしますか?」とな。
どうしますか?って何ですか? それ、飼い主に聞いちゃいます?
足がこんな状態になったのは初めてなんですけど… そこの判断は先生なのでは???
「不要ならいらないし、必要なら出してください」と答えたら、
「症状が長引くようなら、その時に消炎剤とか出しましょうか」ってことに。
病院では普通にしていたけど、帰宅後はやはりまだちゃんと踏ん張れていない。
金曜日はせっかくの平日休みだからお出掛けしようかと思っていたけど、中止。
なるべく安静に過ごすことに。 土曜日は、ほぼ普通に戻った感じ。
で、久し振りに本日散歩へ出てみましたが… 足を着いて歩いてはいるけど、
な~んかリズムがおかしい。 スキップという程ではないけど、タンタンではなく、タタンて感じ。
こりゃ、まだダメだ…って訳で、ちょっとだけ歩いて終了~ 回復にはもう少し時間が掛かるかな?

足の具合が悪くなる前の週末も、実は病院へ行ってまして…
部分的にしつこい膿皮症の箇所があって、外用薬の出番かなぁと相談へ。
そしたら、「コルタバンス」使ったことあったっけ?と、先生。

c0039167_19043027.jpg

皮膚疾患を発病しやすい犬種の象徴なのか、パンフレットにはウエスティが使われているし…
ステロイドなんだけど、スプレータイプで揮発性だから、副作用が起こりづらいのが特徴のようです。
あんまり連続して使えないけど、海斗のレベルならこれで充分な感じ。
今日の時点で、膿皮症はほぼ完治しました~ このまま、しばらく落ち着きますように…

c0039167_19043644.jpg

10歳だけど元気で何よりって感じだった昨年から一転、今年になって次から次へと…
かなりの通院頻度。 で、先週末の通院後にまたしてもしこりを発見。
木曜日は担当の先生が休みだったから、今週末に診てもらおうかとも思ったけど、
例の如く、まだだいぶ小さいので… もう少し様子をみようかな?と。
近々、狂犬病の予防接種とかフィラリア検査とかあるしね…
要経過観察項目ばかりで、やっぱりシニア犬を実感する今日この頃です。


[PR]
by rockaito | 2015-03-22 22:17 | わんこ | Comments(0)
年明けからこれまで
気が付けば3月になっちゃいましたよ~
忘れないうちに、年明けから今までのことを記録しておかないと!

1月11日(日) またしても「しこり」発見
年末に、またしても見つけちゃったんですなぁ~、「しこり」。 左脇下に。
まぁ、小さいんですけど。 仰向けにして、注意深く触らないと分からないくらい。
で、案の定、診察台で立った状態では先生分からず…
なんとか仰向けにして確認してもらいました。
小さ過ぎて針も刺せないし、ちゃんとしこりに刺さったかも分からないし、
まだ検査できる段階ではないと。 血液検査の結果にも出ないとな。
場所的に、「腋窩(えきか)リンパの可能性もある」と言われ、ちょっとドキドキ。
とりあえず、様子を見るしかないということになりましたが…
2ヶ月以上経った今でもほとんど大きさが変わっていないので、
とりあえずは悪性ではなさそうです。

1月16日(金) 突然の血便にビックリ!
朝、母の「何、これ?」という言葉と共に視界に入ったのは赤く染まった海斗のお尻。
下痢もしてないし、食欲もいつも通りだし、元気モリモリ。
なのに突然、便と共に鮮血が…
兎にも角にも病院へ。(母がタクシーで連れて行きました)
大腸で出血はしているものの、平熱だし、元気だし…ってことで、
内服薬を4日分処方されて、様子見となりました。
出血が続くようだったら、内視鏡検査を…ということだったんだけど、
結局、翌日以降は全く出血せず。 現在に至ります。
何だったんでしょうかね?

1月下旬から 久し振りに膿皮症大暴れ
年末からちょっと怪しかった皮膚の状態。 背中を中心に赤いポチポチ。
それが1月下旬から、でっかいかさぶたボコボコ状態に。
シャンプーの頻度を増やしたりしたけど、今ひとつ落ち着かず…
何年ぶりかなぁ~ 内服薬を使うことにしました。(2週間)
c0039167_17144516.jpg
久し振りにオーグメンチン。 地元の掛かりつけ病院にありました。
そうそう、散々通ったASCは閉鎖されちゃったんですよ。
これについては、色々と思うことがありますが…
まぁ、膿皮症との付き合い方はもう分かっているのでね。
掛かりつけの先生も、こっちの要望を聞いてくれるし。
で、今日で薬を飲んで2週間ですが、ボコボコのかさぶたは無くなりました。
赤いポチポチは、まだちょっとありますが…
まさか、この乾燥した季節にここまで膿皮症が大暴れするとは…
このまま終息してくれると良いのですがね。

先週末はコブオン家が海斗地方に遊びに来てくれました!
c0039167_16411162.jpg
4歳になったオンちゃん。
c0039167_16411983.jpg
一段と落ち着きが増したコブくん。
c0039167_16413444.jpg
未だにイタズラが絶えないシニア犬。

[PR]
by rockaito | 2015-03-07 17:53 | わんこ | Comments(2)