<   2015年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧
2015年を振り返って
毎年の事ですが、あっという間に大晦日でありまして…
海斗の足は、その後悪化することもなく、
よっぽど注意深く見ていないと分からないくらい、左右差なく歩いております。
まぁ、体重の掛かり具合は違うのかもしれないけど…
一番酷い時は、立っているだけで右に傾いていたしね。
本犬も違和感を感じなくなってきているのか、最近ヤンチャ振りが復活しているので、
とにかく気を抜かず、悪化させないように気を付けます。

これまで車内の海斗スペースにはハンモック型のドライブボックスを使っていたのですが、
それだとどうしても海斗が二本足で立ち上がってしまうので、改良してみました。
c0039167_16505139.jpg
ドライブボックスを取り外し、念のために落下防止で運転席との間に台(自作)を設置。
c0039167_16505142.jpg
立ち上がり防止のため、2本のリード(シートベルト)で固定。
外の様子があまり見えないので、海斗はちょっとご不満のようですが、
不安定な車内で二足起立なんてもってのほかなので、我慢してもらいましょう。
c0039167_16505121.jpg
日曜日にトリミングしてきました。
シャンプーを持ち込んだら、ハーブパックと相性が悪くゴワゴワになったと…
確かにゴワゴワ… これまで、組み合わせたことなかったっけ???
折角のハーブパックが意味無いじゃ~ん。 と残念な今年最後のトリミングでした。

さて、今年を振り返りますと… よく病院のお世話になりました。
血便、膿皮症、前十字靭帯損傷、組織球腫… 代わる代わる、何かしら不調がある感じ。
そもそも春から始まっていたと思われる前十字靭帯損傷。
当初、「骨肉腫」なんて単語が出てきたりして焦りました。
すんなり治らずに気を揉んだ組織球種
そんなこんなで、今年はお出掛けが少な目でしたな。
でも、恒例のコブ家との旅行には行かれたので、ヨシとしましょう。

それでは、皆様… よいお年を~

[PR]
by rockaito | 2015-12-31 17:42 | わんこ | Comments(0)
膝を固定するサポーター
予定通りサポーターが届いたので、病院へ…
結論から言うと、飼い主の判断でサポーターは使わないことにしました。
心配したサイズは何とか大丈夫だったんだけど、
まずネックになったのが、海斗の「長い毛」ですな。
足の付け根から足先までの部分に巻きつける感じのサポーターなんだけど、
まず毛が邪魔して巻きつけること自体が結構大変。
ある程度サイズが調整できるようにマジックテープが使われているんだけど、
毛がマジックテープに巻き付くと、マジックテープの役割を果たさない。
毛を短く刈るとか、毛を押さえるようなカバーを間に着けるとか、
短い時間内で考えてみたけれど…
c0039167_17070037.jpg
何らかの方法で毛に対する対策を取れたとしても、
そもそも形状が逆円錐型なので、下にズレ落ちやすい。
正しい位置で装着しなければ意味が無いし、他の箇所を痛めてしまうかもしれない。
飼い主が出勤前に装着したとしても、途中でずれてしまう可能性が高い。
で、それを母が正しく直せるか?というと、まぁ無理でしょうね。
胴輪も何日かチャレンジして、やっと付けられるようになるとか、
海斗の気分次第では噛みつくとか、相変わらずそんな関係なので(汗)
海斗も歳のせいか一段と頑固になっている部分があって、「嫌なものは絶対嫌!」
というような態度を取ることも多くなってきた。(飼い主に対してもね)
病院では診察台が怖くてブルブル震えっ放しだし、
何をされても噛みつこうとしたりしたことはないから、きっと先生から見れば、
「こんなに大人しいんだから、着けられるでしょ」って思っているんだろうなぁ~
c0039167_17070144.jpg
飼い主が常に直せれば良いけど、まぁそれは無理な訳で…
病院で着けた感じでは、海斗はあまり気にしていない感じだったけど、
単に早く帰りたいっていう気持ちが強くて、
サポーターを気にしているどころじゃなかったかもしれないし。
病院でレンタルとか試供品があれば良いのにね…
1週間試してみて、大丈夫そうだったら購入するとか。
c0039167_17070197.jpg
という訳で、我が家ではきちんと使える自信が持てなかったので、
先生には申し訳ないけど、返品ということにしました。

海斗の足自体は、結構体重を乗せるようになってきたなぁと思っていたら、
土曜日の朝、普通に立ち上がった後にいきなりケンケンしてみたり、
まだまだ不安定な状態が続いている。
前十字靭帯の代わりに膝を固定する筋肉ができるまで3ヶ月。
先生は分かりやすいように「筋肉」って言っているけど、きっと「関節包」のこと。
関節包は関節を保護する膜組織で、これが段々と固くなって膝のぐらつきを押さえるらしい。
で、3ヶ月っていつからなんだろう?(笑)
3月以降、海斗の足が再度悪化したのは10月初旬。
一段と悪化したのが11月20日頃なんだけどね。

20日分薬を処方してもらったので、何もなければ次の通院は年明け。
やっと毎週の病院通いから解放される~

抗炎症作用もあるサプリのアンチノール。
オイル類が詰まったカプセルなんだけど、海斗さんいっちょまえに選り分けます。
ものすごい食いしん坊だから、薬だろうが何だろうが、
基本的には拒否せず、楽だったんだけどね~
器に残されている確率が高いんだってさ。
残っていた時は、仕方ないのでパンで包んだりして飲ませています。

[PR]
by rockaito | 2015-12-20 18:20 | わんこ | Comments(0)
前十字靭帯部分断裂で確定?

毎週、診察する度に「前十字靭帯だと思うんだよね…」と繰り返していた先生。
触診で大腿骨に対して脛骨が前方に移動(前方引き出し徴候と言うらしい)するか調べると、
ちょっとズレるよね…という程度。
「この診断は専門家でないと難しい」と犬の医学書に書いてある。
レントゲンを撮った時も、関節に異常は見つからなかったし。
(完全断裂だと関節液の増大とか関節炎の兆候が見られるらしい)
ある病院では、前十字靭帯断裂に関してHPに以下のような記述がある。
「慢性経過を伴う前十字靭帯断裂症や部分断裂では、
レントゲン検査や整形外科学的検査だけでは、その診断が困難な場合も多々あります。」
海斗の左後ろ足に最初に異常が現れたのが今年の3月。
今となっては、きっとこの時点から前十字靭帯の部分断裂だったのでは?と思う訳で。
そうなると、急性じゃなく慢性な訳で…
先生も言い切れるだけの材料が見つけられなかったのでしょう。
で、今日も触診後、「前十字靭帯だと思うんだよね…」と。
この一週間では、そんなに状態は変わっていないかな…というのが飼い主の印象。
足は着いているけど、体重は乗ってないよね?みたいな。
先週、膝のズレをサポートする筋肉が付くまで3ヶ月と言われたこともあって、
まぁ時間が経過するのを待つしかないなぁと思っていたし。
診察も触診だけで終わるかと思っていたんだけど…
「ちょっと特別なレントゲン撮らせて」と先生。
特別なレントゲンとは?と思っていたら、立たせて膝に負荷を掛けた状態で撮影したらしい。
で、「やっぱり、前十字靭帯だ」と確定(?)診断。
レントゲンを見ると、海斗の左後ろ足は、大腿骨に対して脛骨が前に出ていた。
前十字靭帯は大腿骨に対して脛骨が前に出ないように制限するものなので、
脛骨が前に出ているということは、前十字靭帯が機能を果たせていないということ。
ただ、ずれ方が少ないから、やっぱり完全断裂ではなく部分断裂だろうと。
確定診断が出来たからか、一週間のうちに何か思うところがあったのか、
「先週言ってたサポーター、試してみる?」と先生から提案が。
前十字靭帯の部分断裂自体は治るものではないので、
膝をサポートする筋肉が付くまで、いかに悪化させることなく過ごすかが課題な訳で…
母が海斗と二人の時は、思うように海斗をコントロール出来なかったりするし、
突発的に足に負担が掛かる動作をしてしまうこともあるのが心配の種。
じゃあ、試してみようか…ということになり、その場でサポーターの製造元へ電話してくれた。
普通サイズの他にダックス用、コーギー用があるけど、ウエスティ用は無い。
まぁ、もちろんウエスティ用なんてあると思っていないけど(笑)
とりあえず合いそうなサイズのものを2点送ってくれて、
実際に装着してみてサイズの合う方を選ぶことになった。
海斗が大人しく装着させるかも分からないし、齧ったりするかもしれないし、
サポーターの効果が得られるかも分からないけど…
左足を庇って負担が掛かっている右足も心配だし、試してみるしかないね。
飲み薬は引き続き同じもの。
(農水省で唯一、使用期間を制限していない消炎鎮痛剤らしい)
来週サポーターが届くので、またまた来週も通院です。


[PR]
by rockaito | 2015-12-12 19:31 | わんこ | Comments(0)
散歩再開~
なんとか肉球が見えないくらいには足を着けるようになりました。
ずっと行っていなかった散歩も10日振りに水曜日から再開。
でも、まだ体重は乗っていない感じ。
前十字靭帯断裂は、手術しても、しなくても全治3ヶ月なんだとか。
手術しない場合も、靭帯の代わりに膝を支える筋肉が付くまで3ヶ月掛かるらしい。
まぁ、「部分断裂の疑い」の海斗も同じですな。
体重が10kg以下で、半月板も損傷していない海斗は、今のところ手術適応外。
手術法はいくつかあって、それについても説明してくれたけど、
年齢も年齢だし、手術せずに済むなら手術はする気は無いと先生には伝えておきました。
犬用の膝サポーターをネットで見つけたので、先生に提案してみたところ、
そのサポーターのことは先生も知っていて、
「ホールド感がちょっと足りなくて、膝の後ろ側を逆に痛めたりするケースがある」とのこと。
他のところを痛めてしまっても…ってことで、現時点ではとりあえず見送り。
でも、この装具を作製している会社とは繋がりがあるようで、
コルセットや義足を作ってもらっているらしい。
獣医療関係者じゃないと作製を依頼できないので、
いざとなったらお願い出来るっていうことが分かったのは良かった。
c0039167_18190977.jpg
先週と同じ消炎鎮痛剤にサプリメントを追加。
c0039167_18190916.jpg
グルコサミン、コンドロイチンが含まれた関節健康補助食品。
結構大きい粒で、海斗は1日1/2錠。
c0039167_18190952.jpg
30種の脂肪酸が含まれていて、抗炎症作用もあるサプリ。
「もう一回、来週診せてください」という訳で、3週連続通院決定。
何か追われる夢でも見ているのか、寝ている時に飛び起きてダッシュすることがある海斗。
(最近は頻度が減っているみたいだけど)
この間のように、突然スイッチが入って室内をダッシュすることもたまに…
これらの予測不可能ダッシュが、心配の種であります。

診察のあとは、墓地公園にて散歩。
c0039167_18190832.jpg
久し振りにゴロゴロしたりして、ご満悦でした。
c0039167_18190890.jpg
さすがに左の後ろ足の筋肉が落ちていて、左右差が出てきました。
左足を庇って、右足を悪くしないか?
これも今、心配している事です。
c0039167_18190810.jpg
ちょうど、紅葉が赤く色付いていて綺麗だったよ~
二足起立、ジャンプ、ダッシュ禁止でお願いしますよ、海斗さん。

[PR]
by rockaito | 2015-12-06 22:29 | わんこ | Comments(0)